• 茨城の名産・特産・土産の販売 旬の食卓茨城ホーム
  • マイアカウントお問い合わせ
        
カートの中身を見る
カートの中に商品はありません
おいしいお米の炊き方(白米・玄米)、保存方法
日本酒 “まめ知識”
常陸牛ステーキの美味しい焼き方
常陸牛すき焼き・しゃぶしゃぶのレシピ
トマト雑学
野菜・果物の保存方法
リンク集
旬の食卓茨城サイトマップ
旬の食卓茨城のメルマガ購読
メルマガ登録・解除はこちら
My Yahoo!に追加
Add to Google

茨城地域密着情報サイト“ここイーじゃんドットコム”

茨城地域密着情報サイト
“ここイーじゃんドットコム”

 

Calamelに出店中

 

バイヤーズショップ

 
野菜・果物の保存方法


  簡単な説明ですが参考にして美味しく召上ってください。

野菜・果物は収穫後も生きています」保存中も野菜は生きています。
保存中に品質がどんどん低下していきます。
野菜を長くおいしく保存するには、活動をおさえ、栄養成分がエネルギーとして使われないような工夫が必要です。
各野菜の特徴を知って、おいしくお野菜をいただく工夫をしましょう。
野菜は育った状態での保存が望ましいといわれています。

冷蔵庫に入れないほうがいい野菜
■なんでも冷蔵庫に入れていませんか?
冷蔵庫じゃない方がよいお野菜もたくさん。低温障害で味がおちます。
下表にもまとめてありますが、
夏場でもいれないほうがいい野菜
  ・・しょうが、バナナ、サツマイモ(カットしたら、ただちにラップして冷蔵庫に)
夏場以外はいれないほうがいい野菜
  ・・・じゃがいも、サトイモ、タマネギなどの根菜類、・ナス・トマト、ゴーヤ
  入れる場合は新聞紙等に包んで、ひやし過ぎないように
夏場はしょうがないですけど、風通しのよい涼しいところのほうが、おいしさも、鮮度も保つことができます。冷やしすぎ注意!!

■スイカやメロンも冷やしすぎると、おいしくなくなります。
スイカやメロンをひやすと糖分が減少します。食べる前に冷やす、これが一番です。昔は井戸水に丸のままいれて冷やしてました。

■立てて保存したほうがいい野菜
横に寝かせると上に成長しようとするので、無駄な栄養や糖分を使い果たし、味が落ちます。野菜は生きてます!
ほうれんそう、しゅんぎく、アスパラ、ねぎ、スイートコーンなど

■野菜・果物どうしの相性
キウイとりんごを一緒に袋の中に一週間ぐらいいれておくとおいしくなります。

じゃがいもとりんごも相性がいいです。林檎がだす成分(エチレンガス)に、じゃがいもの芽の生育をおさえる働きがあります。

・水分をあたえないほうがいい野菜 (水滴をふきとり、ポリ袋へ。ラップや新聞紙などに包むとよい)
  きゅうり、なすび、ブロッコリー、カリフラワー キャベツ、ピーマン、等
・水分を与えたほうがいい野菜(湿らせた新聞紙などに包んでポリ袋にいれたてて保存)
  ほうれんそう、小松菜、春菊などの葉野菜

■根菜類の保存
根菜類は、泥つきのままのほうが、長持ちします。
かご、ダンボールなどに、よごれないように新聞紙などをひいて、かぼちゃ(まるのままのとき)、たまねぎ、さといも、さつまいも、などを風通しのいい光の当らない場所においておくのが一番。
たまねぎなどは、ネットにいれて、吊るしておきます。

■エチレンガス
お野菜や果物が呼吸するときに発生するのが、エチレンガス。これは植物の成熟促進ホルモンです。これが傷みの原因。
お野菜を横置きするのと、縦置きするのでは、このエチレンガスの量にかなりの違いがあります。
このガスをだすので有名なのがりんごとメロン、青梅、桃。なので、お野菜とはいっしょにおかないほうがいいです。
最近のハイテク冷蔵庫の野菜室などでは、このエチレンガスをうまくカットする工夫なども行われています。
【旬の食卓茨城】でお届けします野菜のポリ袋はこのエチレンガスを抑える素材を使っています。

 茨城朝採り新鮮野菜のページに戻る⇒

主な野菜・果物の保存用法
野菜名 保存方法
葉物(ほうれんそう、小松菜、ちんげん菜など) 濡れた新聞紙に包み,ラップかビニール袋に入れて野菜室に立てて保存。
多いときは堅めに茹でてから冷凍庫に小袋で保存。
ブロッコリ、キャベツ、白菜 外葉にくるみ(あれば)、そのうえからラップをして野菜室へ。
堅めに茹でてから冷凍庫に小袋で保存。
レタス 外葉にくるみ(あれば)、そのうえからラップをして野菜室へ。みずみずしさが保てます。
使いかけの場合は、濡れたペーパータオルに包んで保存。
やはり、芯はくりぬいておいたほうが長持ちします。(包丁より手でくりぬいた方が良い)
ねぎ・長ねぎ 濡れた新聞紙に包み,ラップかビニール袋に入れて野菜室に立てて保存します。
ねぎは、小口切りにして汁気をしぼりタッパに入れ,冷蔵庫に置いておくと便利。
使わないときは 冷凍庫に保存可能。
にがうり 半分にわり、種とわたをスプーンなどでくりぬいてから、ラップにつつみ、冷蔵庫で保存。
スライスして、さっと湯通しして、冷凍庫へ保存可能。
よく水分をとって、冷凍用の袋にいれ、ちょっと隙間をあけていれます。
にんにく そのまま野菜室に。
洗ったものは、水気をふき、 ラップに包んで野菜室へ。
1回分ごと切って保存しておくと便利。長く置くとかびが生えてくる。
パセリ 1.空き瓶などに入れて,軸がつかるぐらいの水を張って蓋をして冷蔵庫へ。
2.乾燥粉末の作り方 パセリは葉先を摘み、水洗いして水気を十分に切る。
 電子レンジのターンテーブルに広げ、2〜3分加熱しては軽く混ぜて2〜3回くり返す。
 乾燥具合をみながら、パリパリに乾燥したら、もみほぐして粉末に。
 湿気がこないようにジッパー付の袋やビンなどに密封して保存する。冷凍も可。
青しそ 空き瓶などに入れて,軸がつかるぐらいの水を張って蓋をして冷蔵庫へ。
たまねぎ 涼しいところにネットなどにいれて、つるしておく。
夏場はいたみがはやいので、野菜室へ。
新タマネギの場合は、水分がおおいため、野菜室で保存。
かぼちゃ カットしてあるものは、種の部分を取り除く。ラップに包み野菜室に。
丸のままだと、1年を通して、新聞紙につつんで、涼しい風通しのいいところで保存。
じゃがいも・サトイモ・さつまいも・山芋 新聞紙につつんで、涼しい風通しのいいところで、保存。
芋類の皮や泥も中身を保護してくれるので保存するときは取らない。
じゃがいもは夏場は野菜室へ。
さつまいもは、年中外で保存。
山芋は、冷凍保存がおすすめ。
大根・かぶ 葉がついていたら切っておく。
葉から水分がとられてしまいます。
新聞紙、T ラップに包んで冷蔵庫に。葉はなるべく早く使う。
ピーマン 水気は禁物。ポリ袋にいれ、野菜室へ。
なす 夏場は、新聞紙かラップにきっちり包み、野菜室へ。低温障害に注意。ひやしすぎると、味がおちる。
アスパラ 栄養分がにげないように、固い根元と三角の部分(はかま)の皮を除いておく。
ラップかビニール袋に入れて野菜室に立てて保存。
しいたけ(他きのこ類) ひだのある白いほうを上にしておくと、黒ずみません。水分はきらいなので、
洗ってはいけません。しっかりラップして野菜室に保存。
トマト 夏場は、ラップにきっちり包み、野菜室へ。低温障害に注意。ひやしすぎると、味がおちる。
へたを切ったトマトはいたみやすいので、早く使いきりましょう。
長期保存は冷凍庫へ。スープやソースに使いやすい。
にんじん 1本ずつラップに包んで野菜室に。泥付きはそのままで。
きゃべつ 冷蔵庫など、涼しいところに、芯の部分を下にして、 ラップできっちり包んでおく。
芯をくりぬいて、濡らしたペーパータオルを詰めておいても良いでしょう。
使い残しは包んでまた冷蔵庫へ。
切り口からいたみ始めるので、少しずつ使うときは1枚ずつ使う。
きゅうり 水気は禁物軽くふいてラップに包み、ラップかビニール袋に入れて野菜室に立てて保存。
ごぼう 濡れた新聞紙にくるみ、ラップに包んで野菜室で保存。
土がついているものは、そのまま新聞紙にくるんで保存。
たけのこ ゆがいたあと、水につけて保存。水は毎日かえると長持ちします。
巨峰・ぶどう 食べ頃までは日の当たらない涼しい場所で保存。冷蔵庫入れすぎると味と香りが抜けてしまう。
食べる30分ほど前に冷蔵庫で冷やすとおいしい。
バナナ 常温で保存して、追熟させる。
1本ずつラップ(または、プチプチにくるむ)して、野菜室でもよい。
皮の色は黒くなるけれど、中身は大丈夫。
オレンジ・グレープフルーツ ビニール袋に入れ野菜室、または冷暗所へ。
輸入物は収穫後に薬がかけられたりするので、よく水洗いしておきましょう。
カットしたら、ラップをして冷蔵庫に。
パイナップル ビニール袋に入れ野菜室、または冷暗所へ。
輸入物は収穫後に薬がかけられたりするので、カットしてからラップをして冷蔵庫に。
りんご りんごは、決してさかさまにおかないように、エチレンガスの発生が活発になります。
エチレンガスをたくさんだすので、葉ものなどのそばにはぜったいおかない。
キウイとは相性がよくあまくなるのをたすける。じゃがいもの芽どめにもよい。ポリ袋にいれて保存。
メロン、スイカ 常温で食べ頃になるまで追熟させ、食べる30分ほどまえに冷蔵庫でひやすとおいしい。
残ったらすぐ種をとりのぞき、ラップして冷蔵庫で保存する。
追熟が必要な果物以外は早めにたべましょう!

  茨城朝採り新鮮野菜のご注文はこちらから⇒